Home >

news ヘルプ

論文・著書情報


タイトル
和文:関数リアクティブプログラミングにおける時変値の初期値の自動決定 
英文: 
著者
和文: 白鳥佑弥, 森口草介, 渡部卓雄.  
英文: Yuya Shiratori, Sosuke Moriguchi, Takuo Watanabe.  
言語 Japanese 
掲載誌/書名
和文:情報処理学会研究報告 
英文:IPSJ SIG Technical Report 
巻, 号, ページ Vol. 2021-EMB-57    No. 2    pp. 1-5
出版年月 2021年6月28日 
出版者
和文:情報処理学会 
英文: 
会議名称
和文:情報処理学会第57回組込みシステム研究会(SIGEMB57) 
英文: 
開催地
和文: 
英文: 
公式リンク http://id.nii.ac.jp/1001/00211593/
 
アブストラクト 関数リアクティブプログラミング(FRP)は,時間とともに変化する値を時変値として抽象化することで,組込みシステム等のリアクティブシステムを時変値の更新計算として記述するプログラミングパラダイムである. 時変値の変化量や累積値,およびシステムの状態等を表現するためには時変値の過去の値を参照する必要があるが,システム起動時には過去の値は存在しないため,あらかじめ初期値を設定する必要がある. センサの計測値や現在時刻等,実行時に決定される値について不適切な初期値を用いた場合,システム起動直後の挙動が不安定になることがある. アプリケーションごとに適当な値を想定して初期値とするといったアドホックな方法は,プログラムのモジュール化を阻害する. 本研究では組込みシステム向けFRP言語の時変値について,適切な初期値を自動的に決定する手法について提案する.

©2007 Tokyo Institute of Technology All rights reserved.