Home

news ヘルプ

関連論文・著書一覧 (66件)

[ BibTeX 形式で保存 ]    [ CSV形式で保存 ]    [ 絞り込み検索 ]

ファイル出力での研究業績数は250件が上限です

東京工業大学における IT システムの価値探索を狙いとした実践的 IT 人材育成の試み - Problem BasedLearning と Project Based Learning.
小林隆志, 権藤克彦, 佐伯元司, 首藤一幸, 西崎真也, 森本千佳子, 脇田建, 渡部卓雄.
日本ソフトウェア科学会 第34回大会.
日本ソフトウェア科学会 第34回大会 論文集. 4 pages.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読なし. 国内.
Sep 18, 2017.

Code Oriented Diagram Editorを用いた並行バグの可視化.
大村裕, 荒堀喜貴, 権藤克彦, 渡部卓雄.
日本ソフトウェア科学会第14回ディペンダブルシステムワークショップ(DSW 2016).
会議発表梗概(要旨) - 一般講演. 査読なし. 国内.
Dec 14, 2016.
公式リンク  

静的コード解析に基づくプルリクエスト品質即時計測.
佐々木俊亮, 荒堀喜貴, 権藤克彦.
日本ソフトウェア科学会第14回ディペンダブルシステムワークショップ.
会議発表梗概(要旨) - 一般講演. 査読なし. 国内.
Dec 14, 2016.

動的バイナリ計装に基づく正確なヒープ検査.
長田晃太朗, 荒堀喜貴, 権藤克彦.
日本ソフトウェア科学会第14回ディペンダブルシステムワークショップ.
会議発表梗概(要旨) - 一般講演. 査読なし. 国内.
Dec 14, 2016.

Robust Index Code with Digital Images on the Internet.
M. Kim, Kunwoo Lee, K. Gondow, Jun-ichi Imura.
13th Int. Conf. Signal Processing and Multimedia Applications (SIGMAP2016).
pp. 28-37.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Jul 2016.

C-Helper: C Latent-error Static/Heuristic Checker for Novice Programmers.
K. Uchida, K. Gondow:.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Apr 2016.

Investigating the Difficulty of Commercial-level Compiler Warning Messages for Novice Programmers.
Y. Kojima, Y. Arahori, K. Gondow.
7th Int. Conf. on Computer Supported Education (CSEDU 2015).
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
May 2015.

整数オーバーフローの未定義動作検出に対する整数境界値の定量的評価.
森川知哉, 荒堀喜貴, 権藤克彦.
コンピュータソフトウェア(レター論文). Vol. 31. No. 1.
論文. 査読あり. 国内.
Jan 2014.

Cloudbauhaus: 東京工業大学における実践的IT人材育成の試み.
小林隆志, 権藤克彦, 佐伯元司, 首藤一幸, 田中康, 西崎真也, 森本千佳子, 米崎直樹, 渡部卓雄.
日本ソフトウェア科学会第30回大会.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読なし. 国内.
Sep 10, 2013.

GPUを利用したポインタ解析の実装と評価.
深谷敏邦, 権藤克彦.
コンピュータソフトウェア(レター論文). Vol. 29. No. 3. pp. 70-76.
論文. 査読あり. 国内.
Aug 2012.

ネイティブアセンブリコードを出力する教育用コンパイラ(XCC)と,水平スライスが可能な可視化ツール(MieruCompiler).
権藤克彦, 福安 直樹, 荒堀喜貴.
電子情報通信学会論文誌. Vol. J95-D. No. 5. pp. 1225-1241. 一般社団法人電子情報通信学会.
論文. 査読あり. 国内.
May 1, 2012.

競合回避機構を備えた高互換かつ高精度な境界検査手法.
荒堀喜貴, 権藤克彦, 前島英雄.
情報処理学会論文誌. Vol. 53. No. 3. pp. 1150-1165.
論文. 査読あり. 国内.
Mar 15, 2012.

誤解放を防ぐための新しい型修飾子 strict_lifetime.
鮎川力也, 権藤克彦, 荒堀 喜貴.
電子情報通信学会論文誌. Vol. J95-D. No. 2.
論文. 査読あり. 国内.
Feb 2012.

デザインパターンへの工学的取り組み.
鷲崎弘宜, 坂本一憲, 大杉直樹, 権藤克彦, 服部哲, 久保淳人, 小林隆志, 大月美佳, 丸山勝久, 榊原彰.
コンピュータソフトウェア. Vol. 29. No. 1.
論文. 査読あり. 国内.
Feb 2012.

広範な実用Cプログラムに適用可能かつ高精度な動的境界検査ツール.
荒堀喜貴, 権藤克彦, 前島英雄.
電子情報通信学会論文誌. vol. J93-D. no. 10. pp. 1851-1865.
論文. 査読あり. 国内.
Oct 2010.

Cプログラムの割り込み競合の動的検出法.
荒堀喜貴, 権藤克彦, 前島英雄.
情報処理学会論文誌. vol. 51. no. 9. pp. 1816-1831.
論文. 査読あり. 国内.
Sep 2010.

事例研究:ツール「簡単#include検査君」とその経験.
権藤克彦, 冨永和人.
コンピュータソフトウェア. vol. 27. no. 2. pp. 93-99.
論文. 査読あり. 国内.
May 2010.

MieruCompiler: Integrated Visualization Tool with "Horizontal Slicing" for Educational Compilers.
Katsuhiko Gondow, Naoki Fukuyasu, Yoshitaka Arahori.
41st ACM Technical Sympo. on Computer Science Education (SIGCSE 2010).
41st ACM Technical Sympo. on Computer Science Education (SIGCSE 2010). pp. 7-11.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Mar 2010.

TCBC: Trap Caching Bounds Checking for C.
Yoshitaka Arahori, Katsuhiko Gondow, Hideo Maejima.
8th IEEE Int. Conf. on Dependable, Autonomic and Secure Computing (DASC-09).
8th IEEE Int. Conf. on Dependable, Autonomic and Secure Computing (DASC-09). pp. 49-56.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Dec 2009.

Cache-based Bounds Checking for Multi-threaded C Programs.
Yoshitaka Arahori, Katsuhiko Gondow, Hideo Maejima.
21st IASTED Int. Conf. Parallel and Distributed Computing Systems (PDCS 2009).
21st IASTED Int. Conf. Parallel and Distributed Computing Systems (PDCS 2009). CD-ROM No. 668-019, pp. 1-8.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Sep 2009.

DRACULA: Detector of Data Races in Signals Handlers.
T. Tahara, K. Gondow, S. Ohsuga.
15th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2008).
15th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC2008).
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Dec 2008.

MieruPCプロジェクト:中身が見える計算機システムを構築する研究・教育プロジェクト.
吉瀬謙二, 佐藤真平, 森谷章, 藤枝直輝, 若杉祐太, 渡邉伸平, 植原昂, 森洋介, 高前田伸也, 高橋朝英, 棟岡朋也, 山田裕介, 権藤克彦, 小林良太郎, 三好健文, 中條拓伯.
コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys2008).
会議発表論文 - 一般講演(ポスター発表). 査読なし. 国内.
Nov 2008.

TBCppA: a Tracer Approach for Automatic Accurate Analysis of C Preprocessor's Behaviors.
K. Gondow, H. Kawashima, T. Imaizumi.
8th IEEE Int. Working Conf. on Source Code Analysis and Manipulation (SCAM2008).
8th IEEE Int. Working Conf. on Source Code Analysis and Manipulation (SCAM2008). pp. 35-44.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Sep 2008.

TBCppA: 追跡子を用いたC前処理系解析器.
権藤克彦, 川島勇人, 今泉貴史.
コンピュータソフトウェア. vol. 25. no. 1. pp. 105-123.
論文. 査読あり. 国内.
Feb 2008.

DRACULA:シグナルによるデータ競合の検出ツール.
田原貴光, 権藤克彦.
電子情報通信学会論文誌. vol. J91-D. no. 2. pp. 449-458.
論文. 査読あり. 国内.
Feb 2008.

Static Call Graph Generator for C++ using Debugging Information.
Yui Terashima, Katsuhiko Gondow.
14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC).
14th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC). pp. 127-134. IEEE Computer Society Press.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Dec 2007.

例解UNIXプログラミング教室.
冨永和人, 権藤克彦.
472ページ. ピアソンエデュケーション.
著書.
Sep 2007.
公式リンク  公式リンク  

プログラム理解を支援するコンセプトキーワードの自動抽出法ckTF/IDF法の提案.
大場勝, 権藤克彦:.
情報処理学会論文誌. Vol. 48. No. 8. pp. 2596-2607.
論文. 査読あり. 国内.
Aug 2007.

プログラム理解のための実装レベル制約とソースコード間の追跡性の整理保存法.
大場勝, 権藤克彦.
電子情報通信学会論文誌. Vol. J90-D. No. 6. pp. 1445-1461.
論文. 査読あり. 国内.
Jun 2007.

中レベル抽象・薄い中間層・追跡性の実践によるコンパクトな教育用オペレーティングシステムudosの設計と実装.
権藤克彦, 大場勝.
電子情報通信学会論文誌. Vol. J90-D. No. 5. pp. 1194-1208.
論文. 査読あり. 国内.
May 2007.

Maintaining Traceability Links between Implementation-level Restrictions and Source Code for Program Understanding.
Masaru Ohba, Katsuhiko Gondow.
10th IASTED Int. Conf. Software Engineering and Applications (SEA 2006).
10th IASTED Int. Conf. Software Engineering and Applications (SEA 2006). pp. No.514-146.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Nov 2006.

C言語用CASEツールへのDWARF2デバッグ情報の応用.
権藤克彦, 鈴木朝也, 川島勇人.
コンピュータソフトウェア. Vol. 23. No. 2. pp. 175-198.
論文. 査読あり. 国内.
May 2006.

ソフトウェア工学の基礎 XII.
権藤克彦, 小林隆志.
Vol. レクチャーノート/ソフトウェア学. No. 31. 近代科学社.
著書.
Nov 2005.

Toward Mining "Concept Keywords" from Identifiers in Large Software Projects.
Masaru Ohba, Katsuhiko Gondow:.
Int. Workshop on Mining Software Repositories (MSR2005).
Int. Workshop on Mining Software Repositories (MSR2005). pp. 48-52.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
May 2005.

ソフトウェアパターン研究の発展経緯と最近の動向.
鷲崎弘宜, 大杉直樹, 権藤克彦, 服部哲, 久保淳人, 下滝亜里, 小林隆志, 藤枝和宏, 大月美佳, 丸山勝久, 榊原彰.
情報処理学会 情処研報(ソフトウェア工学). Vol. 2005. No. 29. pp. 127-134.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 国内.
Mar 2005.

Binary-Level Lightweight Data Integration to Develop Program Understanding Tools for Embedded Software in C.
Katsuhiko Gondow, Tomoya Suzuki, Hayato Kawashima:.
11th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC).
11th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC). pp. 336-345.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Nov 2004.

Optimizing the Execution Time for Checking the Consistency of XML Documents.
Yasser Kotb, Katsuhiko Gondow, Takuya Katayama.
Journal of Intelligent Information System (JIIS). Vol. 22. No. 3. pp. 257-279. Kluwer Academic Publishers.
論文. 査読あり. 海外.
May 2004.

ACMLに基づくプログラム情報抽出システムの設計.
川島勇人, 権藤克彦.
コンピュータソフトウェア. Vol. 21. No. 5. pp. 65-70.
論文. 査読あり. 国内.
Apr 2004.

An Environment for Evolutionary Prototyping Java Programs based on Abstract Interpretation.
Hiroyuki Ozaki, Shingo Ban, Katsuhiko Gondow, Takuya Katayama.
10th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC), IEEE Computer Society Press. pp. 362-370.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Dec 2003.

A case study for XML semantics Checker Model.
Yasser Kotb, Katsuhiko Gondow, Takuya Katayama:.
IEEE Int. Conf. On Systems, Man and Cybernetics (SMC 03).
IEEE Int. Conf. On Systems, Man and Cybernetics (SMC 03). pp. WD10.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Oct 2003.

Class Refinement for Software Evolution.
Hiroyuki Ozaki, Katsuhiko Gondow, Takuya Katayama.
6th Int. Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE6), IEEE Computer Society Press. pp. 51-56.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Sep 2003.

A Practical Example of XML Semantics.
Yasser Kotb, Katsuhiko Gondow, Takuya Katayama:.
Int. Conf. on Parallel and Distributed Computing Applications and Technologies (PDCAT'03).
Int. Conf. on Parallel and Distributed Computing Applications and Technologies (PDCAT'03). pp. 146-150.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Aug 2003.

OAG*: Improved Ordered Attribute Grammars for Less Type 3 Circularities.
Shin Natori, Katsuhiko Gondow, Takashi Imaizumi, Takeshi Hagiwara, Takuya Katayama.
IEICE Transactions on Information and Systems. Vol. E86-D. No. 4. pp. 673-685.
論文. 査読あり. 海外.
Apr 2003.

コンパクトなANSI CインタプリタXCIの設計と実装.
権藤克彦, 川島勇人.
電子情報通信学会論文誌. Vol. J86-D-I. No. 3. pp. 159-168.
論文. 査読あり. 国内.
Mar 2003.

Experience with ANSI C Markup Language for a Cross-Referencer.
Hayato Kawashima, Katsuhiko Gondow.
Proc. Domain-Specific Language Minitrack, 36th Hawaii Int. Conf. on System Sciences (HICSS-36). pp. 18 pages.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Jan 2003.

XMLを用いたANSI CのためのCASEツールプラットフォーム.
川島勇人, 権藤克彦.
コンピュータソフトウェア. Vol. 19. No. 6. pp. 21-34.
論文. 査読あり. 国内.
Nov 2002.

An Incremental Evaluation Approach to Check the Consistency of XML Documents.
Yasser Kotb, Katsuhiko Gondow, Takuya Katayama:.
IEEE Int. Conf. on Systems, Man and Cybernetics.
IEEE Int. Conf. on Systems, Man and Cybernetics. pp. vol.6, WA2Q1.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Oct 2002.

Support for Joining in Open Source Software Development Projects Using Public Data.
Mitsunori Fujita, Kazuhiro Fujieda, Katsuhiko Gondow, Koichiro Ochimizu.
Proc. Int. Sympo. on Future Software Technology (ISFST2002). pp. S1A-3, 6 pages.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Oct 2002.

Evolutionary Prototyping Technique Using Abstract Interpretation in Java.
Hiroyuki Ozaki, Katsuhiko Gondow, Takuya Katayama.
Proc. Int. Sympo. on Future Software Technology (ISFST2002). pp. S5A-1 (6 pages).
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Oct 2002.

The XML Semantics Checker Model.
Yasser Kotb, Katsuhiko Gondow, Takuya Katayama.
3rd Int. Conf. on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies (PDCAT'02). pp. 430-438.
会議発表論文 - 一般講演(口頭発表). 査読あり. 海外.
Sep 2002.

©2007 Tokyo Institute of Technology All rights reserved.