Home > 組織・担当情報 > 東京工業大学 > 科学技術創成研究院 > 鎌田慶吾

news ヘルプ

鎌田慶吾 研究者情報

鎌田  Kamata 
慶吾  Keigo 
所属組織 東京工業大学 科学技術創成研究院
ResearcherID E-6997-2014
専門分野 触媒・資源化学プロセス (触媒反応)
無機工業材料 (無機合成)
研究テーマ 触媒化学、無機合成化学、物理化学 
学位論文 Study on Selective Oxygen Transfer Reactions with Hydrogen Peroxide by Polyoxometalate Catalysts,  Thesis,  Doctor (Engineering),  The University of Tokyo,  2006/11/16, 
研究ハイライト 鎌田慶吾. 【新聞掲載】炭素と水素結合 常温常圧で酸化(日刊工業新聞 2022年2月9日). 2022~2022.

菅原勇貴, 鎌田慶吾, 石川敦之, 館山佳尚, 山口猛央. [新聞掲載] 水電解の安価な触媒 東工大・物材機構 (日刊工業新聞 2021年3月5日 朝刊). 2021~2021.
研究に関する記事が日刊工業新聞に掲載されました。
掲載紙 :日刊工業新聞 朝刊
掲載日 :2021年3月5日
掲載面 :19面.

菅原勇貴, 鎌田慶吾, 石川敦之, 館山佳尚, 山口猛央. 極めて安価な金属で世界トップクラスの活性を持つ水電解用触媒を開発. 2021~2021.

菅原勇貴, 鎌田慶吾, 石川敦之, 館山佳尚, 山口猛央. [新聞掲載] 水の電気分解用、安価な触媒開発 (日本経済新聞 2021年3月8日 朝刊). 2021~2021.
研究に関する記事が日本経済新聞に掲載されました。
掲載紙 :日本経済新聞 朝刊
掲載日 :2021年3月5日
掲載面 :11面.

菅原勇貴, 鎌田慶吾, 石川敦之, 館山佳尚, 山口猛央. [新聞掲載] 水の電解触媒 価格3万分の1 (日経産業新聞 2021年3月22日). 2021~2021.
研究に関する記事が日経産業新聞に掲載されました。
掲載紙 :日経産業新聞
掲載日 :2021年3月22日
掲載面 :6面.

菅原勇貴, 鎌田慶吾, 石川敦之, 館山佳尚, 山口猛央. [新聞掲載] 安価・高活性な水電解正極 (化学工業日報 2021年4月7日 朝刊). 2021~2021.
研究に関する記事が日経産業新聞に掲載されました。
掲載紙 :日経産業新聞
掲載日 :2021年3月22日
掲載面 :6面.

鎌田慶吾. 【新聞掲載】多孔質β-二酸化マンガン微粒子触媒 簡便な合成手法開発(科学新聞 2020年8月28日). 2020~2020.

鎌田慶吾. 【新聞掲載】貴金属触媒を使わずにバイオプラ原料(化学工業日報 2019年1月9日). 2019~2019.

鎌田慶吾. 【新聞掲載】東工大など、バイオマスから再生可能なプラスチック原料を合成 貴金属触媒不要(財経新聞 2019年1月9日). 2019~2019.

鎌田慶吾. 【新聞掲載】植物からプラ原料合成 東工大 安価な触媒で高収率(日経産業新聞 2019年1月17日). 2019~2019.

鎌田慶吾. 【新聞掲載】硫黄化合物を選択酸化 東工大が環境調和型触媒(化学工業日報 2018年7月12日). 2018~2018.

鎌田慶吾. 【新聞掲載】糖由来化合物から有用化合物のみ合成 東工大の研究グループが新触媒(科学新聞 2017年3月10日). 2017~2017.

鎌田慶吾. 【新聞掲載】バイオ原料から合成 東工大が新触媒 混合物生成せず(化学工業日報 2017年2月27日). 2017~2017.

関連URL
原・鎌田研究室ホームページhttp://www.msl.titech.ac.jp/~hara/k_kamata.html

©2007 Tokyo Institute of Technology All rights reserved.